カモ

「結婚しても仕事は続けたい...」女性のリアルな気持ち

8割以上の女性が結婚して子どもがいても働きたいという意思を持っています。安心して働ける環境があれば、女性の活躍はますます増えそうです。

子どもができても育休などを取りつつ仕事を継続したい、また、一度辞めても復帰したいという女性は82.5%、専業主婦になりたい女性の12.5%を大きく上回っています。少子化対策がまだまだ追いつかず、待機児童問題も注目される中、女性が自己実現する選択ができる環境作りが求められています。

仕事を続けたい女性の中には、「せっかく積み重ねてきたキャリアを大事にしたい」というキャリアアップ派、「自分が働いたほうが経済的に安定するから」という家計重視派、「外へ出て社会と何らかの接点を持っていたい」という自由志向派が多いと言われますが、「子どもの手が離れたときに自立できるようにしたい」という思いは根底にあるようです。自分らしい生き方の模索は、女性にとって人生の大きな命題と言えるかもしれません。

調査:新生活準備調査2015(リクルートブライダル総研)

7007-2.png

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます