カモ

こども医療費助成についてのQ&A

こども医療費助成について、よくいただく質問をまとめてみました。

Q1:こども医療費の窓口無料化が始まりましたが、医療機関で診療を受けた際に、医療費受給者証を提示すれば、窓口では全く支払う必要がなくなるのですか?
A1:医療機関で診療を受ける際に、医療費受給者証を医療機関等の窓口で提示することにより、保険診療の一部負担金については窓口で支払う必要は無いですが、保険外の診療分や、文書料等助成対象とならないものについては、その都度窓口で支払う必要があります。

Q2:県外の病院で診療を受けた場合はどうなりますか?
A2:県外の医療機関で診療を受けた場合は、現物給付(窓口無料化)にはなりませんが、これまでどおり、支払った領収証を添えて翌月以降に市へ申請することにより、口座振込にて助成が受けられます。
こども医療費助成を受けるには(医療費助成申請の方法) リンク


Q3:石川県内の医療機関はすべて窓口無料化に対応しているのですか?対応していないところはありますか?
A3:原則、石川県内の医療機関等で診療を受けた場合は、窓口無料化となりますが、医療機関等によっては、対応できない場合もありますので、事前に受診される医療機関等にお問い合わせください。また、接骨院、柔道整復師等の施術を受けた場合も窓口無料化にはなりませんので、後日領収書を添えて申請を行ってください。


Q4:受給者証は月に1回窓口で出せばいいですか?
A4:受給者証は受診の都度必ず窓口で提示してください。受診日現在の資格を確認するために必要です。

Q5:受給者証を忘れた場合はどうなりますか?
A5:窓口で支払う必要があります。医療機関等の窓口では、受給者証で資格確認ができた場合にのみ無料化に対応できますので、受給者証を提示しない場合は窓口無料化とはなりません。一旦窓口で支払い、その領収証を添えて後日市へ申請し助成を受けてください。

Q6:手元に桃色と緑色の受給者証があるのですが、どちらも使えるのですか?
A6:緑色の受給者証は窓口無料化に対応していませんので、平成27年10月以降医療機関等で提示されても窓口無料化にはなりません。新しい桃色の受給者証を使用してください。

Q7:今回届いた桃色の受給者証は、有効期間が『平成32年3月31日』までになっていますが、18歳の年度末までではないのですか?
A7:受給者証は5年毎の更新を予定しています(初回は制度開始が10月なので4年6か月)。したがって、今回送付された受給者証の有効期間は平成32年3月31日(または、18歳の年度末の日)までとなっております。
なお、平成32年4月以降も受給資格のあるお子さんについては、平成32年3月下旬に4月以降使用できる新しい受給者証が届きます。表示の期間はあくまでもこの受給者証の有効期間ですので、受給資格は18歳の年度末までです。


Q8:18歳未満の子どもが2人いますが、下の子どもだけに桃色の受給者証が届きました。上の子どもは対象ではないのですか?
A8:こども医療費の対象年齢は18歳の年度末までですので、上のお子さんも対象年齢ですが、医療費助成を受けるには、こども医療費受給者証の交付申請が必要です。まだ申請されておらず、医療費助成を受けようとする場合は、市役所(支所、出張所)で申請をしてください。
こども医療費助成を受けるには(受給者証交付申請の方法) リンク


Q9:加賀市から転出した場合、こども医療費受給者証は返却しなければいけませんか?
A9:すみやかに必ず返却してください。医療費助成を受けるには加賀市に住民登録があることが条件ですので、転出後誤って使用された場合は、助成された医療費相当額を後日市から保護者へ請求することとなります。
なお、転出先での医療費助成制度については、転出先の市区町村へお問い合わせください。

【お問い合わせ】
子育て支援課児童家庭係
電話番号: 0761-72-7856
FAX番号: 0761-72-7797
E-mail: jidou@city.kaga.lg.jp

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます