カモ

男女問わず働きやすい環境を。世界に誇る繊維機械メーカー村田機械株式会社加賀工場が取り組む結婚・子育て支援とは。

様々な産業機械を手掛ける村田機械株式会社。南郷町に社屋を構える加賀工場では糸を紡ぐ繊維機械の生産を主としており、その優れた技術と品質は世界でも高い評価を受けています。男女問わず働きやすい環境が整えられていることから、結婚・出産を経ても辞めずにそのまま働く方がとても多いそうです。村田機械勤続30年。生産課の関戸紀子さんにお話を伺いました。

Q1:関戸さんのご経歴について教えてください。

石川県加賀市出身です。小松市の北陸大谷高校体育科(現:小松大谷高校)を卒業後、村田機械株式会社加賀工場に入社しました。当時は珍しい完全週休2日制だったことも入社した理由の一つです。会社では生産課に所属し、海外から納品される部品の荷受け業務を担当しています。
加賀商工会議所さんが企画している婚活プロジェクトの弊社での担当は私で3代目です。女性社員にも沢山声を掛けて欲しいとのことで抜擢されました。プライベートでは国体出場経験を活かして地域の子ども達に陸上競技を指導するボランティアをしています。

Q2:結婚・子育て世代に対する、会社の制度や取り組みを教えてください。

結婚・出産時には会社からお祝い金が支給されます。また、以前は産前産後だけだった育児休暇が一年間取得できるよう改善され、お子さんが小さいうちは勤務時間を6時間とする時短制度も設けられました。会社のサポートのおかげで、仕事と育児の両立がしやすくなったと私自身も感じています。仕事を男女で区別せず、垣根なく一緒に仕事できる環境のおかげか、社内結婚がとても多いんですよ。全社員が参加する納涼祭や日帰り旅行など、部署を超えて仲良くなれる機会も多いです。新しくなった弊社の食堂は、食べ物が安くて美味しいので利用者も多く、お弁当作りの手間が省けると社員に好評です。綺麗で居心地がいいスペースなので、休憩時にコミュニケーションをとる場としても役立っています。

Q3:商工会議所が実施する婚活プロジェクトに対する社員の方の反応はいかがですか?

男性社員と女性社員を同じパーティーに誘わないよう配慮しながら声掛けをしています。自分から参加を希望するのが苦手な方からは「声を掛けてくれてありがとう」とお礼を言われることもあります。参加してくれた若手社員が、オシャレをして楽しんでくれている姿を見ると、私も自分の子のことのように嬉しく幸せな気持ちになります。婚活プロジェクトへの誘いの声掛けをきっかけに、色んな社員とコミュニケーションをとれるのも楽しいです。恋愛や結婚の話だけでなく、「今こんな思いで仕事をしている」といった、普段の会話では聞けない心の内を聞くと、頑張っているんだなと嬉しく思います。また、弊社の食堂を婚活プロジェクトの会場として使っていただく機会もあるんですが、社員の一人として誇らしい気持ちです。

Q4:加賀市の人口減少について、感じることや思う事はありますか?

住むところは、私は加賀市がいいなって思いますよ。仕事でも趣味でも、加賀市は好きなことに没頭できる場所だと思うから。私は小学生への陸上指導のボランティアを加賀市で10年以上続けています。指導を続ける中で、加賀市だけでなく別の地域に住む子からもクラブに入りたいと言ってもらえたり、成長した昔の教え子から近場で就職して自分も一緒にクラブで指導したいと言ってもらえたりする機会がありました。私が続けている陸上の活動が、他の地域から加賀を訪れるきっかけになったり、地元の子が加賀に残りたいと思う理由になったりするなら、それはすごく嬉しいことですね。

最後に、結婚・子育て世代へメッセージをお願いします。

最近は、人とコミュニケーションをとることを面倒と思う方が増えてきているようにも感じます。自分の時間を大切にする生き方も素敵ですが、スマートフォンやパソコンなどでのやり取りが多くなってしまって人と会う機会が実は少ない方も多いんじゃないかな。私が婚活パーティーへの参加を声掛けすることで、結婚相手が見つかるかどうかよりも「今日は楽しかったな」と思ってもらえるだけで十分なんです。私も若い時にはたくさん苦労をしましたが、今振り返ると必要な苦労だったなと感じますし、その分今いろいろな人の気持ちが分かったり、背中を押すことが出来たりしていると思います。ぜひ気負いすぎず、人と出会う機会を作っていって欲しいです。

加賀商工会議所 婚活プロジェクト

加賀商工会議所では、平成21年度から、会員事業所が抱える跡継ぎ問題や従業員の未婚について、更には、会員満足度の向上や地域の活性化対策も目的として婚活事業を開始しました。
その婚活事業を支える
加賀商工会議所婚活プロジェクトの実行委員企業をご紹介します。

加賀商工会議所婚活プロジェクトについては、コチラ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます