カモ

2回目に会ってもらうコツ

「かがこい」コーディネーターのとやま縁寿サービス 西田所長から、
婚活中の方へワンポイントアドバイス。

 男女の出会いの場では、『また会ってもらう』ということに向けて最大の努力をしなければなりません。男女ともにこの命題は同じです。
 自分の気に入った人、自分に話かけてきてくれた人に、次に会ってもらうためにどうすればよいでしょうか。それは、相手の気持ちになって考えてみれば分かりやすいですよね。つまりは、あなた自身が「また会いたい」と思うタイプの人はどんな人かということです

【また会いたいと思う人の特徴】

・優しく、常識的な人
(相手に対しても、周りの人に対しても優しく、大人としての常識を持って接することのできる人は、相手も安心感をもってくれます。)
・話が続く人、話が弾む人。
(話題が合わなくても、聞き手に回ったり、教えてもらったりしてコミュニケーションをとりましょう。)
・自分の話を聴いてくれる人
(人は喋りたがりです。たとえ口下手な人だったとしても、上手く話しを引きだしてあげると、好印象になります。)
・否定をしない人、説教しない人、褒めてくれる人
(自分を優位に見せようと、相手の話を否定から入る人が意外と多いです。またアドバイスと称して説教染みた会話をする人も次には繋がりにくいです。初対面ではお互い楽しむ会話が重要です。)

 もし会話が弾まなかった場合でも、帰り際にダメもとで自分の連絡先を書いた名刺やメモを渡しておくのも損はありません。もしかして、何らかの心境の変化があって連絡してくれるかもしれません。細かい事ですが、そういう前向きな気持ちが大きな出会いを引き寄せるかもしれません。


加賀市の縁結びサービス「かがこい」の詳しい情報はこちらから 
1対1のお見合いサービス「かがこい」で恋活・婚活はじめよう!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます