カモ

相手は自分をどう見ているかを考えよう

「かがこい」コーディネーターのとやま縁寿サービス 西田所長から、
婚活中の方へワンポイントアドバイス。

 結婚の極意は「相手に好きになってもらう」ということです。「好きになる」のは簡単です。問題はその好きになった人に好きになってもらえるかです。

 好きになってもらうことを考えると、身だしなみは大切です。よく「中身で勝負だ」「外観で人を決める人なんて、こちらから願い下げです」という人もいますが、中身を知ってもらうには、何度も会ってもらわなければなりません。不潔だったり、だらしなかったりしたら、2回目からは会ってもらえないかもしれません。中身を見せる前にフラれてしまっては元も子もありません。ご自身だって、外見に気を配らないような人に好意を持ちませんよね。相手も同じです。

 また、外見も大切ですが自分をより知ってもらうためには、独りよがりでなく、多くの異性と出会ってコミュニケーションをとり、相手から自分がどう見られているかを理解することが大事です。

 婚活パーティやコンパなんかの席で、愛想なく、あまりしゃべらずその場を過ごす方が少なくありません。そのようにされる理由を聞くと、「自分の好みの人ではなかった」「嫌いなタイプだった」との言葉が返ってきます。好き嫌いがあることは仕方ありませんが、婚活となれば話は少々違ってきます。なぜならアナタのその反応を周りの人は見ているからです。
「気に入った人には優しく、そうでない人には冷たい態度をとる人」と二面性を持った人と思われてしまいます。せっかく気に入った人がいたとして、その人に嫌われたら身も蓋も有りませんよね。

 一番モテる人は、いろんな人と同じように接することが出来る人です。八方美人というより、分け隔てなく人と優しく接することを目指していきましょう。もちろん、食事の食べ方、周りへの気配り、別れの挨拶など出会いの参加者としてのたしなみは欠かさずにね。

 平等な優しさと、自分を伝える情熱をもって出会いの場に臨みましょう。その意識があるのとないのとでは、大きく結果は変わってくると思います。


加賀市の縁結びサービス「かがこい」の詳しい情報はこちらから 
1対1のお見合いサービス「かがこい」で恋活・婚活はじめよう!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます