カモ

【親御様向け婚活アドバイス】『婚活中の子供に対する、親の正しい接し方・・・プライドを守る』

結婚相談所の西田所長が贈る婚活コラム。

今回は親御様に向けたアドバイスです。

 「結婚しなさい!」と子供にどれだけ言っても、本人がその気になって動かないと結婚はできません。

 恋愛結婚が多い今の社会では、結婚までには必ず恋愛のプロセスを通過しなければなりません。そしてその恋愛とは、自分がどれだけ頑張ったと思っていても数値には現れるものでは無く、結果はお互いの気持ちで決まります。高得点さえ取れば合格する受験とは違うのです。

 恋愛は、好きになるのは簡単ですが、好きになってもらわなければなりません。ここがまた厄介なところです。そこには、出会いを求める勇気と手間、自分を磨かなければならない労力や費用、自分の人間性の向上など、様々なパーソナリティな要素が関わってくるからです。

 受験に落ちたら「勉強不足だったね」ということになりますが、お見合いや恋愛が上手くいかなかったり、適齢期が過ぎてしまったりしたときの親からの叱咤は、『総合的な人物否定』に聞こえてしまいます。親は子供にとって『一番の理解者』のはずなのに、これでは子供のプライドを傷つけてしまいます。

 ただでさえ内心は焦っているのに、追い打ちをかけられプライドを傷つけられると、逃げ場はなくなり、「結婚なんてどうでもいい」、「結婚したくない」、「ほっといてくれ!」と反発的なことを言うしかなくなります。これでは応援しているつもりなのに、子供にとっては逆効果になってしまいます。

 恋愛しないと結婚できないのは、実は本人たちが一番分かっています。そんな中で、特に恋愛ベタやコミュニケーションをとるのが苦手な人にとっては、結婚は大変なのです。親御様にはこの事をもっと理解して欲しいのです。

 心配なのはよくわかりますが、親の期待や言動によって、結婚を避けるお子さまになってしまっては本末転倒です。だからこそ、今の子供をとりまく結婚状況を正しく把握、理解してあげて、子供のプライドを守りながら婚活の支援をしていくべきなのです。

 『子供はプライドで生きている』ということを、心に留めておいてほしいのです。


加賀市の縁結びサービス「かがこい」の詳しい情報はこちらから 
1対1のお見合いサービス「かがこい」で恋活・婚活はじめよう!

親御様からの相談も受け付けます
【毎月開催】結婚・恋愛相談会

筆者紹介

西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます