カモ

【男性向け婚活アドバイス】『メールやライン交換の意味・・・既読スルーの意味』

結婚相談所の西田所長が贈る婚活コラム。

今回は婚活中の男性に向けたアドバイスです。

 初対面の女性とラインやメール交換しても、「未読」や「既読スルー」になるのもありがちなお話です。そして「返信が無いのはなぜ?」「返信する気が無いのなら、なぜアドレスを交換するんだ。」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

 私は女性数名に、返信しない理由を聞いてみたことがあります。すると「あの場でアドレス交換を頼まれて、断れる雰囲気ではなかったので仕方なく交換に応じただけです。自分は交換したかったわけでは無かったのです。」という人がほとんどでした。
 また、ある女性は「返信して、変に期待を持たれても、逆にご迷惑をかけてしまう事になるので、敢えて返信しません。」という話をしてくれました。
 「では、気になる男性と交換したら返信はしますか?」と聞いたら、全員が「1両日中に、確実に返します。」とのことでした。

 今の時代、ラインやメールのアドレス交換だけでは“気がある・気がない”は分からないのです。
 いつわかるのか。それは返信があるかないかです。
 返信がないということは、「アドレス交換はしたけど、今後の進展は望んでいない。」という女性の意思表示だという事を理解しておきましょう。

 ラインやメール交換の行為は『女性の気持ちが判るリトマス試験紙』です。連絡が来ない場合には変に引きずらず、次に進めばいいのです。


加賀市の縁結びサービス「かがこい」の詳しい情報はこちらから 
1対1のお見合いサービス「かがこい」で恋活・婚活はじめよう!

筆者紹介

西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます