カモ

【女性向け婚活アドバイス】『女性のマリッジブルーは男性より多いかも・・・』

結婚相談所の西田所長が贈る婚活コラム。

今回は婚活中の女性に向けたアドバイスです。

 結婚に対しての不安は、男性より女性のほうが多いのかもしれません。
こう書くと男性側から非難を浴びそうですが、まあちょっと聞いて下さい。

 最近プロポーズを受けて承諾したもののマッリジブルーになってしまった女性から、
  ・仕事を続けるか、辞めるのか、転職するのか・・・
  ・私は姉妹なので、家をでていいのか・・・
  ・相手の家族と同居しなければならないかも・・・
  ・料理や洗濯が上手く出来ないかも・・・
  ・年齢が高いので妊娠・出産が不安・・・
という悩みを聞きました。

 私は、解決方法の一つとして「男性にもっと寄りかかってみる。自分一人で解決しようとしない。」という事をお話させていただきました。
 語弊を恐れずに書いてみますと、このような悩みはほとんど女性特有のもので、男性はあまり悩まない項目のような気がします。(男性の皆様、間違っていたらごめんなさい。私自身は男女同権・家事も育児もイーブンに行うべきだと思っていますよ)

 男性も勿論、マリッジブルーはあるのですが、悩みの数は女性の方が多い気がします。
 男性もそれをぜひ分かっていて欲しいですよね。そして悩みの数が多い分、それを理解してもっと優しくして欲しいと思うのです。


・加賀市の結婚支援サービス「かがこい」はこちらから・・・1対1のお見合いサービス「かがこい」会員募集中!

・結婚や恋愛に関する個別相談はこちらから・・・結婚・恋愛相談会

筆者紹介

西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます