カモ

「結婚」を叶えるのは、決意・出会い・積極性。市民の「出会い」、どこで見つける?

統計・アンケート結果から、結婚世代の今を考える本シリーズ。今回のテーマは、「結婚したい?」。全国で晩婚・未婚化 が進む昨今ですが、実は、結婚を希望する人は多数。加賀市民の結婚を叶える策とともに、レポートします。

理想の結婚年齢は20代。市民の実現率は……?

人生の一大イベント、結婚。将来を夢見る10代の頃、みなさんは結婚をどう考えていましたか?

加賀市の16〜18歳に質問したところ、なんと8割近くが、「将来結婚したい」と考えていました。さらに石川県の未婚者20〜39歳も、7割近くが「将来結婚したい」と回答。10代で描いた“結婚の夢”は、成人後もやはり継続しているようです。

ちなみに、将来結婚を望む16〜18歳が理想的と考える婚姻年齢は、1位が25〜29歳で49.4%、2位の20〜24歳が37.7%(※1)。

一方実際の加賀市民はというと、25〜29歳では男性7割以上、女性半数以上の人が、未婚となっています。30代でも男性の未婚率は約半数。なかなか厳しい現実です。

※1_2015年加賀市人口ビジョン より算出

“今までと同じ毎日”じゃ、結婚できない!?

理想と現実の狭間、それを埋めてくれるものとは? 石川県のアンケ―ト結果から探ると、“未婚の理由”ナンバー1は、ずばり「異性と巡り会う機会がない」! 33.4%もの男女がこう答えており、男女合計ではダントツの1位となっています(※2 )。

ここで気になってくるのが、出会い探し。婚活して出会いがあれば、本当に結婚できるのか!? その謎に迫るべく、「結婚に向けて意識的に行動した人」へのアンケート結果を見て見ると、「実際に結婚できた」人が、実に半数近く……!

また、全国の既婚者に「結婚するために大事だったと思うポイント」をたずねたところ、こんな結果が。3位に上がっている「結婚のためのアクション」が婚活であれば、出会ったときすでに、2位の「相手が望むタイミング」はクリアしているハズ。婚活による成婚率が高いのは、そんな背景があるのかもしれません。

このアンケートの3位以降は、「とりあえずデートに誘ってみること」(33.8%)、自らプロポーズする・してみること」(29.5%)、「多少興味がない異性とでも、とりあえず話してみる・遊んでみること」(24.3%)と続きます。

“決意”して“出会い”を求め、ラストは、相手の心をたぐり寄せる“積極性”。この3つが、結婚への鍵といえそうです。

※2_2013年結婚や子育てに関する県民意識調査 より、「結婚していない理由」として、あてはまるものを3つ以内で選ぶ質問による

積極的になれる出会いの場、ココにアリ!

でも「身近に出会いの場がない……」という人もいるはず。そんな方にお知らせしたいのが、加賀市内の婚活イベントです。

とくに、商工会議所が独自に企画・運営する「加賀商工会議所婚活プロジェクト」 では、年2~3回の婚活イベントを開催。2009年から、カップル100組以上(!)が誕生し、すでに9組が夫婦として結ばれているそうです(2016.2.1現在) 。

カップル誕生率の高さの秘密は、商工会議所の会員企業の総務や人事など、 “人を見る”仕事の有志がプロジェクトに携わっているから。イベント中の「顔見せタイム」では、参加者の紹介を詳細かつユニークに行ってくれるとか。プロの後押しがあれば、積極的になれること、請け合いです。

また、直近実施の「Christmas婚活2015」では、女性はプロの手によるイメチェンやレンタルドレス、男性はイメチェンや好感度アップのためのセミナーが利用できたそう。事前サポート◎なのも、安心感の秘密です。

ほかにも、加賀市のHPでは、毎年実施されているJA主催の婚活など、さまざまなイベント情報を掲載中。婚活への疑問に応じる、「結婚&恋愛相談会」も、本人&ご家族などを対象に、月に1回実施しています。

婚活のメリットは、恋愛・結婚以外にもたくさん。結婚を目前にした“大きな決断”の前に、まずは“ちょっとした勇気”で、出会いの場に参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます