カモ

=今年中に結婚宣言!= 第1章(2/4話) 『結婚に才能は必要である。しかしライバルは少ない』

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点でアドバイス!

今年中に結婚宣言するための、役立つお話を、毎週1話掲載します。

【2/4話】 100mは16秒で走ればよい。16秒で走る練習をしよう。

◯私たちは、なにもトップアスリートにはなりたいとも思わないし、なる必要もありません。目指すところが違いますよね。

100mは15秒位で走れればいいし、絵も猫と犬の書き分けができれば、生活には不自由しません。歌も音痴で充分。運動も健康のためそこそこできれば良いです。

恋愛も結婚できる程度で充分です。何も3回・4回しようとは思わないでしょう。

◯人間は才能がある分、得手、不得手もあります。

もし、恋愛や異性と喋るのが苦手ならば、やはり練習が必要です。

しかし、その練習は何もトップアスリートを目指す練習ではありません。

あくまで16秒で走る程度の練習でいいのです。

しかし、16秒で走り切る練習です。たとえばそれは、異性から受け入れてもらえるための練習です。

◆内面の練習・・・異性と沢山喋る  

◆心の練習・・・・家族と仲良くする 理解してもらう 焦らない ゆっくりしない

◆考え方の練習・・異性の気持ちを理解する  

◆外観の練習・・・髪型 洋服を買いに行く 清潔感を持つ

無理はせずとも、少なからずこのような練習をしなければならないのです。

【3/4話】に続く(7月21日掲載)

筆者紹介

とやま縁寿サービス所長 西田 昌史 さん

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます