カモ

温泉、穏やかな町、守るべき店。生まれ育った加賀で、両親のように年を重ねたい

今回のステキなご夫婦は、山代温泉で「フードショップ桑原」を営む、桑原悟(さとる)さん(36歳)と芳江(よしえ)さん(35歳)。店では、悟さんのご両親が青果を、おふたりが鮮魚を担当しているとか。結婚までの思い出&結婚2年目の今、そしてこれからの“愛を育む”日々を伺いました。

互いの実家は徒歩10分。Uターンで偶然の出会い

小さな頃から山代温泉で育った、悟さんと芳江さん。しかし30代になるまで、お互いを知ることはなかったと言います。

悟さん 僕は県外の大学を卒業して加賀市に戻り、しばらくの間は福井県の会社まで通勤していたんです。その後、実家を継ぐことを決意。そんなある日、美容室に行ったら、美容師として働いていたよっちゃんに出会ったんです。

芳江さん 私は、大阪とパリの美容室で働いていました。30歳前に加賀市に戻ってきて。悟くんと仲良くなったのは、職場の仲間とみんなで飲み会をしたのがきっかけです。

話してみると、学生時代は互いに陸上部に所属していたことや、実家が近いことが判明。急速に距離が縮まったとか。

悟さん つき合う前も、毎日のように会っていました。デートする時間をつくるために、よっちゃんが閉店作業を手伝いにきてくれたことも。

芳江さん 実は私、つき合うまでに何度かフってるんです(笑)。だって本当は、また県外で働くつもりだったから。でも悟くんが何度も告白してくれたので、本当に大切に思ってくれているんだなって……。うれしかったですね(笑)。

当時を思い出しながら、「結婚したいと考えたのは、交際にOKをもらった瞬間から!」と悟さん。結婚に至った経緯をたずねると……。

芳江さん 悟くんはそれまで出会った人たちと、全然違う存在だったんです。店では魚を扱うから、冬は水が冷たいし、力仕事もある。朝は早くて、夜も遅い。なのに「楽しい!」って言いながら働いている姿を見て、尊敬できる人だなって。それが、一番の決め手だな(笑)。

悟さん つき合っていた2年間で、互いの両親もすごく仲良くなったよね。ドラマみたいなロマンチックなプロポーズはなかったけど、みんながそろって結婚を応援してくれたんです。

両親とともに守る店・家族が、かけがえのない宝物

現在、悟さんのご両親、1歳の朝陽くんと5人で暮らす、桑原家。「フードショップ桑原」も、ご両親と悟さん・芳江さんの4人が協力して営んでいます。

悟さん 今一番大切なのは、家族と仕事! 県外で就職したときも、心のどこかに実家の店が引っかかっていて……。だって、子どもの頃から毎日、両親が一生懸命働く姿を見ていたから。商売をしている家庭で育った人は誰しも、「店をなくしたくない」って思うんじゃないかな。

もともとは青果メインだった「フードショップ桑原」ですが、悟さんが働き手に加わったことで、鮮魚も扱うように。店の発展、日々利用してくれるお客さんの笑顔、自分自身の成長……。それらが、悟さんの仕事のやりがいとなっているそうです。

仕事場でも一緒のおふたりですが、家族でゆっくり過ごす休日は、とくに幸せを感じるひとときとか。

芳江さん 悟くんは、朝起きるともう仕事に出ていて、夜は朝陽が寝てから帰ってきます。親子3人そろうのは、店が休みの日曜日だけ。でも休みの日は、必ず朝陽と遊んでくれるんですよ。結構アクティブに過ごしてるよね。日帰りで、名古屋までだって出かけちゃいます(笑)。

悟さん 朝陽がもう少し大きくなったら、一緒にゴルフもやりたいなぁ。市内には、ゴルフ場がたくさんありますし。あとは、地元の祭も見せたい。6月は菖蒲湯祭があるし、9月には服部神社の八朔祭で獅子舞が出ます。僕も小さい頃から見ていたし、「地域の伝統っていいな」と思っていたので、大人になってからは獅子を演じたこともあるんですよ。今度は、親子で楽しみたいですね。

毎日温泉、ゆったり子育て。今の生活は100点!

加賀市の好きなところを伺うと、「一番は温泉!!」とおふたり。ほぼ毎日、「山代温泉総湯」に行くのだと言います。

芳江さん 私は、悟くんのお母さんと朝陽と、3人で通っています。脱衣所にはベビーベッドが用意されているし、生後1ヶ月くらいから入りに来ている子も。肌がすべすべになるんですよ。

悟さん 住んでいると当たり前になっちゃうけど、一度県外に出ると、毎日温泉につかれるありがたさがわかるよね。

インタビュ―のラスト、「今の生活に点数をつけるなら?」との質問に、「100点満点」と笑顔で答えてくれた悟さん。結婚前は加賀市に永住することを迷っていた芳江さんもまた、「理想通りの子育て環境です」とか。

芳江さん 私も子どもの頃は、祖父母と同居していました。だから自分の子どもも、同じような環境で育てたかったんです。昔からの友だちが育児情報をくれるのも、心強い。それに加賀市は、時間の流れがゆるやか。子育てするには、リラックスできる場所が一番です。このままの生活がずっと続くといいよね?

悟さん 毎日、生活も仕事も夫婦でともにして……。もちろんときには、言い合いになることもあるよね(笑)。でもうちの両親は、今でもすごく仲良し。秘訣はきっと、相手のいいところを尊敬する気持ち、それを忘れないことなんじゃないかな。僕たちも、あんなふうに年を重ねていけたらと思っています。


【協力クレジット】
撮影協力:はづちを

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます