カモ

=今年中に結婚宣言!= 第2章(4/4話) 『出会ってもなんにもならない 婚活失敗者が陥る底なし沼』

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点でアドバイス!

今年中に結婚宣言するための、役立つお話を、毎週1話掲載します。

【第4/4話】   正しい準備の仕方

〇自分の年齢に合わせた社会性を持ちましょう。

『具体的なお店・・・デートで使えるお店の選び方』

最初の食事は、それなり系・お洒落系とかのお店をお勧めします。

お店の選択では、相手は自分をどれ位のポジションで見てくれているのかを判断しているハズです。また、お店を選ぶ相手の甲斐性も感じているのです。

婚活を考える年齢の方だったら“使えるお店”の2~3件は知っておくべきだと思います。

例:「ステーキ屋さん」「お寿司屋さん」「イタ飯屋さん」「いい感じの居酒屋さん」

ファミレスやラーメン屋さん・回転寿司は、お互いの気心が知れた3回くらい会った後に行けばいいと思います。

『デートコース・・・お勧めのデートスポット』

相手の興味があるモノを選んであげる、というスタンスが大事です。

観光地・美術館・水族館など、共通の趣味があるところを提案してあげるのも一つです。

スポーツ観戦とかもいいですよ。

映画館もいいのですが、喋れずコミュニケーションがとれないので、終わった後の上手いフォロー(お店選びとか、コミュニケーションがとれる環境づくり)が必要になります。

車での移動の際は、車内の整理はもちろん、トイレ休憩にも気を配りましょう。

『髪型の整え方・・・・美容室を利用してみよう』

髪型は清潔感&お洒落感を表す第一歩です。男性は月一回は散髪に行くペースが良いかと思います。美容室を利用するのも手です。デートの日にちが決まったら、今の時代にあった髪型の提案を受けたり、髪を染めてもらったりして、気分一新・イメージ一新をすることも良いですね。

『服の買い方を伝授します・・・コーディネートの仕方』

お洒落が苦手な人でデート着などを買う時は、お洒落な友人と一緒に行って、コーディネートをしてもらうというのが効果的です。

「そんな友人は居ない」という方は、積極的に店員さんにコーディネートしてもらいましょう。それなりのお店に行って、頃合いを見計らってお願いすれば、きっと喜んでしてくれますヨ。恥ずかしくてできない・・・という方はマネキン一式の服を買うのも手です。

服選びのコツは、サイズです。自分にフィットするサイズにはこだわりましょう。

日頃からファッション雑誌も読んでみたりして、ファッション感覚を養っておくことも大事です。

次は第3章(9月1日掲載)

筆者紹介

とやま縁寿サービス所長 西田 昌史 さん

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます