カモ

=今年中に結婚宣言!= 第1章(3/4話) 『結婚に才能は必要である。しかしライバルは少ない』

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点でアドバイス!

今年中に結婚宣言するための、役立つお話を、毎週1話掲載します。

【3/4話】 ライバルは意外と少なくて弱い。プラス思考の回転で行こう。

〇男性が結婚していないという事は、女性が結婚していない数はほぼ同数です。逆も然り。

要は、結婚できていない人は、異性においてもできていないのと同じ数です。そしてその人たちの多くは結婚するための的を射た努力をしている人が意外に少なかったりします。

〇とすれば、その中で頭一つ抜ければ、異性はみんな振り返ってくれるという事です。

婚活パーティ―に行った人ならこの図式は理解できるかと思います。

〇何となく3割の男女がお話がバンバンできて、残りの7割は収穫なしで帰ることになっていますよね。そんな中で自分がその3割に入ればいいのです。何人ものパートナーをゲットせずとも、一人だけでもゲットできればいいだけですので、100mを16秒で走る程度の成長で目的は果たせると思います。そんな気持ちで婚活して行くとプレッシャーも掛からず、良い展開が見込めます。

まさにプラス思考の回転ですネ。お金がお金を呼ぶ、というお話をよく聞きますが、幸せが幸せをよぶ、というのが人間関係だと思います。がんばりましょう!

【4/4話】に続く(7月28日掲載)

筆者紹介

とやま縁寿サービス所長 西田 昌史 さん

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます