カモ

第10章『今の時代、本気で結婚したいのなら』 

結婚相談所の所長、とやま縁寿サービスの西田所長が、婚活の方へ結婚に近づくためのアドバイス!コラムは毎週定期更新!

第10章(第1/4話)「現状を明確に理解しておく」

いよいよ年度末ですね。3月は、まとめのお話をしていきたいと思います。

効率よく婚活をしていくためには、現状把握をしておくことが大事です。

そんなわけで、まずは日本の結婚事情のデータを再確認してみましょう。

◆50歳時点で結婚したことのない人 男性約20% 女性約10%  

◆18?34歳の未婚者のうち、彼氏・彼女がいない人の割合  男性約70%  女性約60%

◆生涯未婚率 今後、4人に1人が結婚できずに生涯を終える、という予想もたてられている。

今のおじいちゃん・おばあちゃんの世代は、9割以上の方が結婚できました。

なぜ、そんな高い結婚率だったのでしょうか。答えは『お見合い』という制度が、当時の社会では一般的だったからです。

当人同士も疑問には思わなかった風潮でした。

つまり、恋愛せずに結婚できていた人が多かったということです。

しかしいまの時代、「お見合い」は単なる出会いのきっかけに過ぎません。

2回目、3回目とお会いし、「恋愛」した上での「結婚」となります。

同じお見合いと言っても、昔とはシステムが大きく違うのです。

“好きになってもらわなければ、結婚はできない“

この命題を再認識していただきたいのです。

「好きになる」のは簡単ですが、

肝心なことは「好きになってもらう」こと。

ここが現在の結婚のキーワードになるのです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます