カモ

"婚活コラム"(9/24話)をUPしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=婚活に役立つ、24のヒント=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第3章 親御さまのアシストは大事

(9/24)

【ヒント9】:いまどきの若いものは・・・という無かれ。

  最近のニュースによりますと、現在は4人に1人は結婚しない時代といわれています。

 たとえば学校が40人クラスだったとしたら、10人が結婚していない、という事になります。実際に私の周りの人も、40才を過ぎて結婚を一度もしていない人が珍しくありません。

 私が子供の頃は、大人ってみんな結婚しているのが当たり前という時代だったのですが・・・。

  そんな時代を生きてきた大人の皆さまは、結婚していない適齢期を過ぎた我が子を見て「だらしない・・」「結婚する気が無い」「しっかりしてほしい・・」と、感じている人も多いと思います。

 しかしそれは認識不足です。

  基本的に9割以上の独身の方は、心の奥底ではきっと結婚したいのです。プライドや恥ずかしさなどがあって、それを素直に表に出せないのです。

 いい年をして親や親戚に「私、結婚したいの・・」「私、甲斐性が無いから誰か紹介してください・・」なんて言えませんよね。

  子供はプライドで生きている。特に結婚・恋愛関係は、なかなか本音を言えるジャンルでは無いのです。その点を理解してあげるのが、いまどきの結婚できない時代の親の義務でもあるのです。

10/24話【ヒント10】に続く・・・


〇筆者紹介〇  西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます