カモ

第6章「婚活におけるコミュニケーションの大切さ」(4/4話)

結婚相談所の所長、とやま縁寿サービスの西田所長が、婚活の方へ結婚に近づくためのアドバイス!コラムは毎週定期更新!

第6章(第4/4話)空気を読んだコミュニケーションも大事です。

コミュニケーションが大事という観点から、何でもかんでもコミュニケーションをとろうと、やみくもに声を掛ける人もいます。

特に初対面の相手とお話する場合、コミュニケーションの経験が少ない人が陥りやすい落とし穴があります。

長話になった場合、相手が嫌がってないか?

無理矢理メール・ライン交換を強要していないか?

この辺りを常に気を使いながらコミュニケーションをとることも大事です。

自分は頑張っている。話し掛けまくっている。連絡先交換もかなりできている。

でも結果が出ない。彼氏・彼女という関係に発展しない・・・。

こんな人もいらっしゃるかもしれません。

コミュニケーションとは、相手がいて初めて成り立つのです。

自分が気に入っていても、相手から気に入ってもらわなければ、コミュニケーションはとりづらいものがあります。勿論、社交辞令的には挨拶程度は微笑みながらしますが、深い話に入っていく段階で相手さまの好みもでてきます。

アイドル歌手さんは握手会(社交辞令)的には笑顔を振り撒きますが、実際には本当の恋愛相手としては見ていない・・という事とある意味同じ状態とでも申しましょうか。

つまり、いま目の前の人は本当に自分に興味を持ってコミュニケーションをとってくれているのか?社交辞令なのか?という事も、自分自身で常にチェックする姿勢も大切です。

引くべきは引き、押すべきところは押す。

相手は何を考えているか。自分はどうすれば良いのか。その落としどころを考えることも大事です。そうすればコミュニケーション能力も自然にあがり、新しい出会いの広がりも増えていくと思うのです。

コラム一覧へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます