カモ

婚活コラム第1章「出会いを増やすために、発想を切り替えてみよう。」【3/4話】

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点から結婚に近づくためのアドバイス!1コラムにつき、4話構成で毎週第1から第4水曜日に掲載。会社の昼休みに、お暇な時間に、お気軽にお読みください。

【第3/4話】出会いは増えているのに、なぜ結婚率が低下する?

出会いの場は増えているのに結婚率が下がっている。

この観点から世間のマスコミや学者さんは論じていません。たとえば、通り一辺倒の「お金がないから結婚できない」「年収があがらない」「非正規で生活が安定しない」といった不況問題などをメインにした“結婚できない理由”を並べている気がします。

だって祖父母の時代の日本はもっと貧乏だったので、当時の結婚率は低くならなければなら無いハズですよね。そしていまの時代、年収が低い人でも結婚している方は沢山いらっしゃいます。逆に「年収が多い人たち全員が結婚しているか?」を調べてみたら、やはり結婚したくてもできていない人がそれなりにはいらっしゃいます。

私の経験上、結婚できない理由は、社会事象の原因も確かにあるかとは思いますが、それは1から2割程度。あとの8割は申し訳ないのですが、やはり社会では無く、本人の意識のもち方だと思うのです。

筆者紹介

とやま縁寿サービス所長 西田 昌史 さん

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。

約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます