カモ

婚活コラム第三章『初対面の人との上手くいく会話の3本柱』【2/5話】

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点から結婚に近づくためのアドバイス!1コラムにつき、約4話構成で毎週第1から第4水曜日に掲載。会社の昼休みに、お暇な時間に、お気軽にお読みください。

【第2/5話】自己PRの必要性

よく、テレビの海外ロケ番組で、現地の人に「日本語や日本文化を知ってる?」と尋ねたら、

「ニホンゴ、ワカルヨ。二ホンモ、ヨクシッテイル!ハハハハッツ」と陽気に答えるシーンがありますよね。(特に欧米系)

それを聞いた私たちは「日本を知っているなんて凄いなあ・・」って嬉しくなります。たとえそれが“フジヤマ・スシ・テンプラ”しか知らない事が後でわかったとしても、

何となくその外国人に親近感がわきますよね。

ところが私たち日本人は外国人から「アナタは英語が喋れますか?」と聞かれると、

あいさつ程度はできるのに「全然しゃべれないです・・」と答えてしまいがちです。

謙虚を美徳とする日本文化の奥ゆかしさですね。この外国人スタイルと、日本人スタイル。

さて、婚活の場では、どちらが成功者となるのでしょうか。皆様はもうおわかりですよね。

お見合いの現場でよく、

「趣味は何ですか?」と聞かれたにも関わらず、

「特に何も・・・」と答える方の多いのに私はビックリします。

「ドライブ」「音楽・映画鑑賞」「読書」という答えもありますが、

これらは多くの人がおっしゃることで、あまり上手な会話とは言えませんよね。

お相手さまの心には響いてくれないのです。

ある意味、外国人のスタンスに見習うべきところがあると思うのです。

【3/5話】に続く

コラム一覧へ

婚活中の方へ

加賀市では婚活を頑張る皆様を応援しています!kagaみんでは、様々な婚活情報をお届けします。

kagaみんの更新情報は、加賀市公式Facebookページでお届けしますので、いいね!をよろしくお願いします。

また、カップルで利用するとお得なお店をまとめた「かが婚ナビ」もぜひチェック!

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。

約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます