カモ

夫婦関係満足のポイントは2人の会話と夫の家事参加

既婚者のうち「夫婦関係に満足している」という人は約7割。でも反面、「どちらでもない」が2割、「不満」が1割と、約3割の人が一緒に生活をしているのに夫婦生活に満足していないことになります。その差はどこにあるのでしょうか?

日常生活における、夫婦生活に満足している人としていない人の差を見ると、おもしろいデータが!

夫婦生活に満足している男性は、「家族・夫婦で1時間以上会話している」頻度が、満足していない人より高く、「会話」がキーポイントに。

一方、女性で夫婦生活に満足している人は、「夫婦2人で,仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」「夫の育児、家事参加」の頻度が、満足していない人より高く、共通の趣味を持って2人で何かしたり、夫が家事を手伝ってくれることがキーポイントになっています。

疲れて外から帰ってきて、のんびり家族との会話を楽しみたい夫と、家事から解放されたい妻のニーズの違いがリアルです。お互いの思いを知れば夫婦関係がますます改善するかもしれません。

調査:夫婦関係調査2015(リクルートブライダル総研)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます