カモ

"婚活コラム"(16/24話)をUPしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=婚活に役立つ、24のヒント=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4章 婚活するにはどこにいけばいいか

(16/24)

【ヒント16】:婚活できそうな場所のヒント

  いまどきの日常生活で、婚活ができそうな場所の解説をしてみます。


コンパ・・・・・・交流範囲が広い友人がいないと出来ない。お金がかかる。不定期なイベント。ただし、相手を見つけられる確率は比較的高かったりします。

サークル・・・・・自分が好きで、しかも異性がいて、雰囲気の良いサークルだったら婚活にも良いかと思います。ただし、サークル活動ありきで行動しないと、部員から総スカンをくらうのは必至です。行動を律して、オプションとして婚活をするのであれば、コミュニケーション能力の勉強もでき、良い空間だと思います。

料理教室・・・・結婚相手を探しにいく男性が少なからずいるが、女性はその行動に対して、「下心がイヤ」「純粋に料理を習いに来ているのに・・」という感じの否定的な意見を言う人は多いのが現実です。婚活の場として私はあまりお勧めではありません。

スポーツジム・・・一見、出会いが多そうですが、これがなかなか難しいです。常連さんがいたり、どこかで繋がっていたりして、なかなか声をかけづらく、その後の影響も考えると、難しかったりします。婚活の場として私はあまりお勧めではありません。ジムは体力強化に使いましょう。

出会い系・・・・・ネットは玉石混交です。良い面は手軽に使える。沢山の人とネットで交流できる。お金もそれほどかからない。24時間稼働している等が挙げられます。一方、どんな人か判らない。嘘があるかもしれない、というのが考えられます。いろんなサイトがあるので、自分で調べてみるしかありません。ネットの書き込みも、その信用度がイマイチわからないというのも現実です。

 ネットを利用する際には、より一層の自己責任が掛かってくると思います。

セミナ―参加・・・私がお勧めなのは行政などがやっている男女合同のセミナーへの参加です。

 勉強もできますが、それよりも男女の出会いがあるからです。真面目な参加者の割合も多く、2?3時間で終わるため、その後に誘うこともできるからです。無料がほとんどで財布にも優しく、真面目な出会いが可能です。日程などを常にチェックし、婚活の一つの手段としてぜひ考えられてみてはいかがでしょうか。

第5章17/24話【ヒント17】に続く・・・


〇筆者紹介〇  西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます