カモ

"婚活コラム"(15/24話)をUPしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=婚活に役立つ、24のヒント=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4章 婚活するにはどこにいけばいいか

(15/24)

【ヒント15】:今の時代の「お見合い」を考えてみよう。

  昔のお見合いは“会ったら結婚する”という大前提がありました。

 現在では一般的にお見合いと呼ばれているのは、出会いのキッカケの一つであり、それがたまたま、友人・知人・親御さまが段取りをしてくれるというスタイルのことを指しているのです。

 昔と違って、お見合い終了後は「結婚するかしないか」というより「またお会いするかどうか」の選択になります。つまりは、お見合いしてもその中身は恋愛結婚になります。この辺りはみなさんも納得していただけるかと思います。


  それでは、お見合いのメリット・デメリットを考えてみましょう。


≪メリット≫

◇一対一でお話ができる。

◇返事は仲人を通じて行えるため、プレッシャーも低い。

◇当日までのワクワク感も味わえる。

≪デメリット≫

◇仲人さんの資質次第で、一連の流れが気持ちよくできる時と、そうでない場合もある。

◇多く紹介してもらえるには、自身と仲人とのパイプも多く作っておかなければならない。

◇間に入る人も多くなるので、面倒くさい事が起きる可能性も高い。

◇お礼の仕方が判らない。

◇何度かして上手くいかないと、お願いしづらくなる。

  お見合いは、仲人さんとの人間関係が大切になってきます。

 昔気質の仲人さんと今時の独身の方では考え方の違いもあったりします。お互いに良かれと思ってしたことが、アダになったりするという事例もよく聞く話です。

 結婚を希望する独身の方は仲人さん選びも大切です。逆に、仲人さんも、自分のスタンスを理解してもらえる独身者選びが大切といっても良いかと思います。

 婚活とは結婚相手以外にも、仲人さんとのコミュニケーションが大切だという事です。

16/24話【ヒント16】に続く・・・


〇筆者紹介〇  西田昌史さん

とやま縁寿サービス所長。 富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます