カモ

人と人の出会いを大切に。婚活プロジェクトに発足時から参加する月星製作所の想い。

創業70年以上の歴史を持つ株式会社月星製作所。市内に2つの工場を構え、自動車やオートバイ用の特殊精密部品を製造されています。社内結婚が多いという月星製作所さんが、どのように従業員同士の交流を生み、結婚・出産などでライフスタイルが変化した後も働きやすい環境を整えているのかを、総務部工場管理課の西出幸一郎さんに伺ってきました。

Q1:西出さんのご経歴、会社の事業内容について教えてください。

加賀市の農家に生まれ、大聖寺高校を卒業するまでは、ずっと加賀市で育ってきました。田舎が嫌になって、大学は東京の工学院大学に進学して4年間東京生活を満喫しました。東京での生活は楽しかったのですが、今後の人生をずっと東京で過ごすことは考えられず、長男ということもあり加賀市にUターンして月星製作所に就職しました。入社してからは、23年間ずっとITに関わる仕事をしています。途中、ITの仕事と兼任で総務やISO、工場管理の仕事もしていましたし、最近は人事採用に関わる仕事もしています。就活イベントなどで配布する『月星人生ゲーム』を企画制作し、ライフイベントごとの福利厚生を紹介する取り組みも行いました。

Q2:結婚を希望している人たちに向けた、貴社独自の取り組みや活動があれば教えていただきたいです。

当社は、社内結婚している社員が多いんですよ。社内BBQや日帰りバス旅行など、従業員同士の交流の場がたくさんあるからじゃないでしょうか。今年はコロナの影響でそうしたイベントは開催できないので、その代わりに、地域の飲食店からお弁当やフルーツ、スイーツなどをデリバリーしていただいて、ランチしたりテイクアウトしたりする「スマイルデリバリー」を企画しました。地域の飲食店への大量注文は、大きな応援になりますし。弊社社長が地域貢献に積極的なんです。もちろん福利厚生も充実していて、結婚お祝い金(15万円)や家族手当(5千円/月)、子ども手当(1子につき千円から2千円/月)、結婚休暇(8労働日)、産休、育休、イクメン休暇、配偶者の出産時の休暇などがあります。イクメン休暇は最近できた制度ですが既に取得実績もあるんです。女性従業員が結婚後も出産後も働き続けられる環境や、男性従業員が育児に協力できる環境を、会社が作っていくことも大切だと考えていますね。

Q3:従業員にはどのような方がいらっしゃいますか?

市内在住の従業員もいれば、近隣の市から通っている従業員もいます。県外の大学に進学してうちへの就職を機に加賀市に住んでいる従業員も沢山いますよ。今いるこの製品開発課のオフィスは2年前から個人専用デスクを設けないフリーアドレスになったのですが、これは「新しい発想を生むには、働く環境が大切だ」という社長の言葉で決まりました。植物を置くことでストレス軽減の効果があり、気持ちも晴れて、働く意識もよりポジティブになったと感じています。

Q4:商工会議所が実施する婚活プロジェクトから、貴社の社員様で結婚やカップルに繋がった事例があれば教えていただきたいです。

当社からの婚活プロジェクトへの参加者は多くはないですが、プロジェクト発足初期の頃に参加した社員で1人、結婚に繋がった者がいますよ。加賀市内で結婚生活を送っています。加賀商工会議所の婚活プロジェクトには実績があり安心して参加できるものなので、異性との出会いが少ないと感じている方にPRして、参加される方の幸せをサポートしていけたらと強く思っています。弊社は発足時から参加しているので、これからも商工会議所さんや会員事業所の方と一緒に盛り上げていきたいですね。

最後に、結婚・子育て世代へメッセージをお願いします。

人生って「おぎゃー」って生まれた瞬間から、人との出会いの連続なんです。きっと数知れない出会いを繰り返して、その出会いの中の一つが結婚って形に繋がってくんだと思います。そして出産を向かえて、また新しい出会いを生んでいく。とてもハッピーなことですよね。
加賀商工会議所の婚活プロジェクトは、しっかりしている割にはアットホーム感が満載なので、婚活=結婚って気張らずに気楽な感じで参加して欲しいです。もしかしたら、そこで「運命の人」との出会いが待っているかもしれません。

加賀商工会議所 婚活プロジェクト

加賀商工会議所では、平成21年度から、会員事業所が抱える跡継ぎ問題や従業員の未婚について、更には、会員満足度の向上や地域の活性化対策も目的として婚活事業を開始しました。
その婚活事業を支える
加賀商工会議所婚活プロジェクトの実行委員企業をご紹介します。

加賀商工会議所婚活プロジェクトについては、コチラ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます