カモ

=今年中に結婚宣言!= 第1章(1/4話) 『結婚に才能は必要である。しかしライバルは少ない』

結婚相談所とやま縁寿サービスの西田所長が、プロの視点でアドバイス!

今年中に結婚宣言するための、役立つお話を、毎週1話掲載します。

【1/4話】100mを9秒台で走る人間。 恋愛も才能です。

◯人間はだれでも才能を持って生まれてきています。

特に誰からも習ったことが無いのに。絵を書くのが上手い人。歌が上手い人。走るのが速い人。手先が器用な人。文字が上手い人。

角度を変えてみると、人と喋るのが上手い人。彼氏・彼女がいつもいる人。

小学生時代から異性と交際して居る人。二股三股掛けている人。

ある意味、恋愛の才能がある人ということです。

◯わかりやすくこれを婚活に置き換えてみましょう。

ボルトは100mを9秒台で走るが、一般の私たちはどれだけ努力してもせいぜい13秒台でしょう。100mを速く走るには才能が必要なのです。

漫画家になるには持って生まれた絵を書く才能が必要。音楽をするのもそう。野球選手もそう。モデルをするのもそうです。

こればっかりは宿命というか、自分の力ではどうにもできない部分です。

そしてその才能を見つけ、それを必死に磨いて人は大成し、名を残すわけです。

【2/4話】に続く(7月14日掲載)

筆者紹介

とやま縁寿サービス所長 西田 昌史 さん

富山県出身。

CM制作会社や大手アルミサッシメーカーの会社員勤務を経て、結婚相談所「とやま縁寿サービス」を起業。

自ら独身時代に結婚相談所を利用し、さまざまな疑問や“もっとこうした方がいいのに…”ということを多数経験したことや、会社員時代に多くのカップルの橋渡しをしていたこともあり、結婚相談所を起業。約20年のキャリアを活かし、結婚相談所の所長として、地元のラジオへの出演や月刊誌「地上」、ダイヤモンド社「3ヶ月でできるおとこの婚活本」など各方面で執筆。

他、石川県結婚・子育て支援財団講師、砺波市役所婚活事業プロデュースなど。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます